観光スポットたくさん!歴史や文化・平和を学べる沖縄旅行

SITEMAP

沖縄旅行

沖縄旅行のお勧めスポットとは

島ラッキョウ

沖縄旅行といえば首里城です。観光するのであればこれは外すことができないポイントであるといえるでしょう。そして、首里城にはいくつかの観光ポイントがあります。まずは守礼門です。これは意識しなくてもまず最初に通るところですから見ることは簡単にできますが意識していないと通り過ぎてしまう可能性があるほど小さいです。2000円札の柄にも使われたものですから大きいイメージを持っている人がいるのですが意外と小さいですから覚悟しておきましょう。
しかし、沖縄旅行での立派な観光ポイントになります。もう一つ見るべきところがあります。それが書院になります。書院というのは、琉球王の執務室のようなところで要人を迎えるところでもありました。ですから、極めて豪華であり、趣もあります。そして、その中には喫茶室があるのです。ここで実は今では一般人がお茶をすることができるようになっています。これは是非とも行くことがお勧めできる場所の一つであるといえるでしょう。
沖縄旅行で、後はルート通りに玉座の間があるところにいきましょう。首里城というのは、日本では非常に珍しいまさに中国の文化を色濃く受け継いだ城であり、本州にはないような城であるといえますからまさに行くべき価値があるスポットなのです。

沖縄旅行で歴史や文化を体験しよう

もっとも身近に異国情緒を感じる場所として人気の高い沖縄。沖縄旅行と言ったら首里城は見ておきたい場所です。沖縄の歴史や文化の象徴と言える首里城は、国立公園として復元されました。2000年に世界遺産に登録された首里城跡は是非、足を運んでほしいです。
琉球建築は中国の影響がうかがえます。朱色の建物は青い空の下で見るのも美しいですが、オススメは夜です。ライトアップされた首里城も雰囲気があって美しい。沖縄の歴史や文化に密接に関わる物に焼き物があります。沖縄の焼き物はやむちんと言い、300年以上の歴史があります。
沖縄の伝統工芸品で生活用品でもあり、沖縄旅行のお土産としても人気です。やむちんの歴史を知るには壺屋焼物博物館があります。国際通り近くの焼き物の町、壺屋は窯元があり、販売する店舗もたくさん。伝統的なデザインの物や現代風のデザインの物など種類も豊富です。ぽってりした感じがする食器に大胆なデザインの柄が入っています。現代風のやむちんはかわいいデザインがあります。
やむちんの形も色々、椀や鉢、皿も丸や角があったりします。蓋の付いた鉢はお塩や砂糖を入れてもよいと思います。焼き物で忘れていけないのがシーサーです。いろんなタイプがあり、表情も豊かなのが解ります。焼き物に興味があったら手作り体験もオススメです。工房で陶芸体験、絵付け体験、シーサー作りが体験できます。沖縄旅行の思い出にピッタリだと思います。

平和は恵まれていると感じられる沖縄旅行

沖縄といえば常夏、楽しいリゾート地ですが、かつて戦争時代に上陸され、甚大な被害を受け、多くの人がなくなった土地でもあります。今は平和な日本ですが、絶望の時期もありました。戦争の恐ろしさを学び、平和に感謝し、戦争を繰り返さないためにも沖縄旅行にいくさいには、是非よってほしいところがあります。それは読谷村のチビチリガマです。ガマとは、防空壕のようなもので、私が小学生の頃は中に入って様子を見ることが出来ました。
なかは洞窟なので、当然光は全くない暗闇の世界です。足場も悪くて濡れているので、気を抜くと、滑って岩に体を打ち付ける危険な防空壕です。第二次世界対戦の時代、沖縄の人は、その中で空襲を避けていました。中にはやかんなど、確かに人が生活していた後がありました。骨などもいまだに眠っているようです。
その暗闇の洞窟で起きた悲劇があります。昔は敵に捕まるのは日本人の恥としてとらえられていたようで、敵に捕まるくらいならと、我が子を殺して自分も死ぬ家族や、毒を飲む人、火を放ったりなど、集団で自殺するという悲劇がありました。沖縄旅行するときは、自分が楽しむためにいくのもいいでしょう。しかし、平和は本当にありがたいものと感じるためにも、戦争で苦労した人たちが眠る場所に訪れ、沖縄旅行で平和のありがたさを是非学んで見てほしいです。


理想の沖縄の旅は沖縄青の洞窟ダイビングが最適です!綺麗な海へダイブしてみませんか?

POST LIST

おすすめ記事

TOP